学会認定研修会

第45回日本自殺予防学会総会 学会認定研修会

自殺が生じたあとのケア:患者や同僚を失った医療者・勤労者のケア

日時 2021年9月5日(日)9:30~12:00
対象 日本自殺予防学会会員
参加費 1,000円
定員 30名程度
形式 Zoomミーティングを利用

自殺の予防、そして自殺の後に遺された人へのケアは、精神科、心理臨床、
ないしは対人支援業務の中で重要な領域です。
また、不意に生じた自殺事故等のメンタルへルス事故後の対応は、
職場における業務管理や労務管理、リスク管理上の課題でもあります。
本研修会は、自殺事故後に生じるさまざまな課題を提示し、事故に遭遇した人、
事故後に遺された人の反応と心理についてケース・スタディなどを通して学びます。
そして、課題解決について、複数の観点からその方法論について学習します
(事故後のグループを対象にした悲嘆ケアも例示いたします)。

司会:河西千秋(一般社団法人日本自殺予防学会副理事長)
講師①河西千秋(一般社団法人日本自殺予防学会副理事長)
講師②小山達也(聖路加国際大学大学院博士後期課程)
ファシリテーター
津山雄亮(札幌医科大学保健管理センター公認心理士/臨床心理士)
大江開(札幌医科大学医学部神経精神医学講座)ほか

※本研修会は、日本自殺予防学会会員のみご参加可能です。
下記より参加費をお支払いください。
https://jasp2021workshop.peatix.com/view
先着順になります。※お申し込みは終了いたしました。
お支払い後、Zoomミーティングの登録URLが配信されますので、そちらからお申込みください。